• トップ /
  • 玄関はその住宅の顔です

住宅の玄関の工夫点

玄関はその住宅の顔です

おしゃれな住宅は玄関から

一般的な住宅の玄関というのはほとんどが1坪です。そこに収納がついたり、靴を並べたりすると、かなり狭く感じることがあります。狭くてもお洒落に感じさせる空間。そこには様々な工夫が施されています。まずは物を置きすぎないことが重要です。靴も一人1足ずつがベストで、すっきりと見えます。子どもがいる方は、ベビーカーなどを置いてしまいがちですが、狭くする上に見栄えもあまりよくありません。とはいえ、利便上などやはり置かざる得ない場合はカバーなどをかけるといいでしょう。玄関はその住宅にはいる為に、誰もが通る最初のお部屋です。いつも綺麗にして、お洒落な家を目指しましょう。

玄関は住宅にあわせて選ぶ

住宅を建てる際に注意したいのが家の全体の統一感です。遠くから見ることが多い物なので細かい部分についてはどんなに気を配っても外観に与える影響が小さく、家に招いた人に気づいてもらえる程度の効果しかありません。しかし、大多数の人は家を遠くから見て評価するため、外観に統一感がないと良い印象を与えないものです。中でも注意したいのが玄関です。住宅の顔とも言われる部分ですが全体のイメージに合ったものでないと違和感を感じてしまうことも少なくありません。しかし、なかなか合ったものを選ぶ子Gとは難しいので、良いものを選ぶためには信頼出来る工務店に相談して候補を上げてもらうのが良い方法です。

↑PAGE TOP

Menu